nature

2017年11月18日 (土)

お引渡しです

 
 
Image2_1_2
 
棟上げの日、ご両親、お友達と一緒に写真を撮ったあの日から
 
本日は、nature様邸のお引渡しの日ですnotes
 
Image3_6_2
 
建築確認書、保証書、取扱説明書などを
 
代表が確認しながら説明をしていきました。
 
朝日sunsunがさんさんと入る和室での説明です。eye
 
Image5_2_2
 
何といっても水回りは奥さんのテリトリー(o^-^o)です
 
水栓の扱い、IHの説明を熱心に聞いておられました。
 
Image4_5
,
ロールスクリ-ンの取り外し、網戸の取り外しは
 
ご主人の担当でしょうか?( ^ω^)・・・
 
Image6_1
,
防井枡はこまめに点検清掃を致しましょう。
 
Image7
 
最後に玄関の鍵の説明です、工事キーから本キーへeye
 
Image2_4
,
両家のご両親達も来られており、皆さんでcameraもう一枚camera
,
お父さんお母さん本当にお世話に成りました。(;ω;)
 
Image1_5
 
zen君は木の家でどんな夢nightsleepyを見ますかネ~notes
 
そして、来年お兄ちゃんになりますね( ^ω^)・・・chickchick
 
何時までも何時までも宜しくお願いしますね(o^-^o)
 
nature様本日は誠におめでとうございます。
 
yano
 

2017年11月 7日 (火)

お引渡し前の

Dsc_4435
 
お引渡し前の清掃と社内の検証会が先日nature様邸で行なわれました。
 
①検証会では
 
イ)建物の配置➡配置・太陽の動き・風の導き・近隣の視線など
 
ロ)建物の外部➡外壁、屋根、木部の色が建物と調和しているか
 
           窓のサイズは?バランスよく配置してあるか
 
           ウッドデッキの高さは、広さは適切かなど
 
ハ)建物の内部➡照明の位置、数、キッチンの大きさ、階段手摺など
 
             その他にもたくさんの項目を確認します。
 
Dsc_7574
 
検証会の風景です、
 
今回のnature様邸の総評をスタッフ一人一人感じた事を発表
 
発表する中に将来のウッドデザインのヒントがあるのです。
 
Image7
 
②検証会前の清掃の様子です。
 
掃除は、掃除の会社に任せたらと思いますが、ウッドデザインでは
 
スタッフ全員参加で確認と感謝の気持ちで清掃させて頂いています。
 
Image8_2
 
天井杉板に入り込んだ細かいゴミも逃さまいとι(´Д`υ)アセアセ
 
Image4
 
キッチン周りは、代表と建具屋さんとで調整確認中です。
 
Image6_1
,
設備屋さんにも参加して頂き、水漏れが無いか調べます。
 
Image5_2
,
床下の清掃点検は毎回一番若いhiraoka君がまさに今出陣です(*^-^)
 
床下でゴーゴー掃除機の音が長く長くいつまでも響いていました。good
 
Image3
 
2階デッキ付近ではデッキの汚れ、外壁の最終のチェック中です。
 
綺麗な姿でお引渡し出来ます様に、スタッフ全員で実施しております。
 
 
nature様の現場からyanoが報告です。
 
 
 
 
 
 

2017年9月23日 (土)

打合せ

Image1_5_2
 
本日は、nature様邸の打合せの日です。cloud
 
足場も取れて、棟梁は土場で室内で使う
 
材料をカットする作業に追われております
 
職人さん達は、外部配管の準備作業をしていました。
 
Image5_3_2
 
そんな中、もう何回目の打合せでしょうか?
 
本日の打合せは、足場が取れて全体の感じを確認して頂き
 
色決めです、先ずは、玄関ドアーの色、玄関天井の色です、
 
代表が自ら色見本を並べての説明が続きます
 
ご夫婦で、「右の色?明るい色?それとも他の色が良い?」
 
などとご相談をされて色が決まっていきます。(*^-^)
 
Image6_4
 
続いて、ウッドデッキの色です、二階のデッキの場所から
 
色見本を見せて頂き「濃ゆい色?薄い色?おすすめの色は?」
 
そんなお話をされて、良い色がすんなりと決まりました。( ^ω^ )
 
Image3_5
 
nature様工程は順調に来ています、この時間ワクワク感
 
ドキドキ感を完成まで味わって下さいネ。(o^-^o)
 
yano

2017年8月12日 (土)

ノロノロ台風

 
 
 
 
ノロノロ台風通過前に
 
屋根工事と外壁下地工事を終えています。
 
 
Img_2650
 
 
クレーンを使って搬入しているのは
 
外壁のガルバリウム鋼板です。
 
 
Img_2648
 
一番高い所で7mほどになります。
 
その高さまで継ぎ目なしの1枚で仕上げるため、
 
曲がったりしないように大切に慎重に扱って
 
下ろしています。
 
 
 
 
 
 
内部では、棟梁が2階の天井板を張りと
 
モイスの壁張りを進めています。
 
 
Img_2651
 
 
 
 
柱、梁が化粧で見える仕上げの為
 
板を張る時も、モイスを張る時も
 
1枚毎に何度も擦り合わせて調整を
 
繰り返した後、仕上げていきます。
 
 
 
Img_2653
 
 
 
台風が通り過ぎるのを待って、
 
いよいよ外部の仕上げ工事です。
 
 
natureにまた一つ新しい色が加わります。
 
お楽しみに!!
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月20日 (木)

木製サッシ到着

 
 
 
大切に運んでいるのは木製サッシです。
 
Low-Eのペアガラスがセットされた完成品として
 
届くので重量は写真のように二人掛かりで
 
抱えるのが精一杯です。
 
これを2階に上げる時は四人掛かりです(^-^;
 
 
 
4a09d0c6c0f9470b9a3502a1a6db2806
 
アメリカのミネソタで産まれて、
 
西海岸までアメリカ大陸を鉄道train で横断、
 
そして太平洋を航海してship 日本到着、
 
その後再び国内を鉄道(JR)train で移動した後、
 
専用コンテナでWDの現場に到着。
 
木製サッシの長〜い旅はこうして
 
ようやく終わりとなります。
 
 
 
Be8dde75b3ea4ff7af0c20c09643890b
 
 
現場では棟梁の手で取付が完了して
 
外壁張りの下地組が始まっています。
 
 
 
5112b82151c7435c8edc82b9fac6586c
 
 
JIO検査員の方による2回目の検査(躯体検査)も 
 
先日、終わりました。
 
 
 
8e727020f07d4f7c902157268ac1dc7b
 
 
これから、棟梁は外部下地工事と内部天井板張り、
 
設備工事はシステムバス設置へと進んでいきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月 7日 (金)

梅雨の晴れ間の棟上げ

Image2_1_2
 
ご両親とお友達との写真です、皆さん満面の笑みですネ(o^-^o)
 
今日は、梅雨rainの晴れ間sun「nature様邸」の棟上げを迎えました。
 
 
Image10_2
 
早朝、施主のdaisuke様からご挨拶を頂きました、
 
本日は終日暑いので熱中症などに気を付けて
 
こまめに水分補給をして、安全第一でお願いします(^-^;
 
 
Image11Image12
 
通し柱から順に一階の部分を建てていきます、
 
午前中には二階の部分屋根まで出来上がりました。
 
赤ヘル軍団の息の合った仕事ぶりはいつ見ても(o^-^o)
 
Image9
 
施主様が準備して頂きましたお弁当を頂きました、
 
10時のお茶3時のお茶ご馳走様でした。(*^-^)
 
Image3_3
 
お昼からは、屋根パネルを取り付け、ルーフィングを貼り
 
二階の壁に外部モイスを貼りました、完成まであと少しです。
 
Image7_1_2
 
棟上げ最後の仕事です、最後のピンを打ち込み完成です。
Image5_1_2
 
上棟式が始まりました、お父さん達にも屋根に上がって頂きました
 
東の方向を向いて拝礼、お神酒で献杯です、おめでとうございます!!
 
Image4_1_2Image6_1_2
 
サァ~皆さんお待ちかねのせんぐ巻きです、「千歳棟~」「万歳棟~」
 
「せんぐ、せんぐ~」の掛け声で・・・皆さんたくさん拾えたかな?
 
Image3_1_2
 
抽選会のプレゼントpresentどちらにしょうかなsign02
 
Image1_4
 
設計のiwamotoさんと現場での最初の打合せです
 
電気配線の位置の説明と確認等です。
 
今から、完成まで何度か打合せがございますので( ^ω^ )
 
Image1_1
 
完成して、ブルーシートで完全に被い雨風等に備えます。
 
Image8_2
 
近所の神社わきに鎮座している「田の神さあ」が
 
完成までをきっと見守ってくれる事でしょう、
 
U様、本日は誠におめでとう御座いました。
 
yano
 
 

2017年6月23日 (金)

配筋検査

Image4_8
 
基礎を立ち上げる前に大切な検査が「配筋検査」です。
 
Image2_10
 
配筋検査にはJIOの検査が必須です、この検査をパスしなければ
 
前には進めないのです、基礎配筋工事のチェックポイントは
 
多数ありますが、基本は設計図書と一致しているかどうかの確認です。
 
Image6_8
 
現地で設計図とひとつずつ照合していく地道ですが、重要な検査なのです。
 
配筋の形状、配筋の径、配筋の配置、配筋のレベル、配筋のピッチを
 
確認しながら検査が進みました、結果問題なく、JIOの配筋検査が
 
合格しました、nature様つぎは基礎を立ち上げ~土台敷~
 
上棟の準備へと進んでいきます。
 
yano
 
 

2017年6月16日 (金)

遣り方。。

    
地鎮祭を終え、先日、基礎着工に向けて遣り方出しを行いました。
 
遣り方出しは建物の実際の位置、基準となる高さ、建物の通り芯を、
 
レザーレベルやトランシットなどの精密機械を使用してだしていく作業です。
 
 
Securedownload
 
 
杭を打込み、レベルに合わせて丁張板を取付けた後、
 
トランシットで基準の通り芯を出し正確に90°を測っている状況です。
 
 
Securedownload5
 
 
各通り芯をだし外回りの四つ角の対角線の長さを確認すれば遣り方の完了です。
 
 
Securedownload2
 
Securedownload3
 
 
遣り方を終えるといよいよ基礎着工になります。
 
これから約四ヶ月にもおよぶ工事の始まりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年5月21日 (日)

五月晴れの地鎮祭

Image2_2
 
本日は、雲一つない五月晴れsunsunの良き日に、nature様邸の地鎮祭です。
 
nature様との出会いは約1年前に成りますか息子さんのzen君と
 
一緒に初めて完成見学会に来場されました、ご夫婦共に熱心に
 
そして静かにご覧に成っていたのが印象的でした。
 
Image3_1
 
地鎮祭(じちんさい、とこしずめ)とは建築工事を始める前に行う、
 
その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらう事の許しを得る
 
大切な儀式なのです。
 
Image4_2
 
玉串奉奠です、工事の安全をお祈りいたします。
 
Image5_1
 
四方祓いでしょうか、お祓いをして土地を清めます。
 
Image6_3
 
お父さんを交えて記念撮影です、お父さんには土地の造成から
 
ブロック工事等、着工前からお世話に成っております
 
完成まで宜しくお願い致します。
 
Image8_1
 
式典が終わりまして、ホッと一息(*^-^)です
 
皆さんと美味しいお茶cafeを頂きました、ご馳走様でした。
 
Image9_1
 
最後に、申請前の最終確認をさせて頂きました、
 
nature様、木々の紅葉する秋、完成へ向けて
 
いよいよ、着工致しますので、宜しくお願い致します。
 
本日は誠に、おめでとう御座いました。
 
yano
 
 
 
 

2017年5月 2日 (火)

nature(ネイチャー)様始動です。

天ケ城と桜とつつじ
 
先日まで、天ケ城ではソメイヨシノの淡いピンクの色した
 
桜が満開に咲いていました、ここ高岡町でnature様始動です。( ^ω^ )
 
 
Sweden_img
 
ウッドデザインでの地盤調査の調査方法はスウェーデン式
 
サウンディング方式(SWS試験)で行ないます。
 
先端がキリ状の器具に荷重をかけ25cm下がるまでにハンドルを
 
何回転させたかによって、地盤の強さを表す値を測定します、
 
深さ10mまで測定する事が出来、調査時間は約2時間かかります。
 
スウエーデン式サウンディング(SWS)試験の測定ポイント
 
測定のヵ所は四隅と中心の①~⑤の五ヵ所を測定致します、
 
建物の中央は、建物の対角線の長い方の2分の1のヵ所に成ります、
 
ですから、地盤調査を実施する時には、建物の形状と配置が
 
決まってなければなりません。
 
Image14
 
測定のポイントを出してから、調査を開始いたします。
 
 
Image17Image15
 
約2時間程で調査が終わりました。
 
Image10
 
この四角いキャンパスに、ご家族の夢がいっぱいにつまった
 
新居が秋頃には完成致します、調査の結果が判るのに
 
一週間ほどかかります、nature様今しばらくお待ち下さい。
 
yano

バナー

  • WD現場からのブログです
  • WDスタッフ日々の出来事です
  • イベントに関するブログです
  • WOODdesign HPへ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30